5月(5월)に関する韓国語表現(音声付き)

<音声で楽しんでください>

こんにちは。韓国語教室です。

もうすぐ5月ですね。5月には天気も暖かく過ごしやすくなります。また少しずつ夏に向かっているような気もします。日本の5月はゴールデンウイークから始まる楽しみな月でもあります。私の中で5月はたくさんの行事やイベントが集まっている印象ですが、皆さんは5月といえばどんなことを思い浮かべますか?今日の韓国語教室では韓国の5月についての表現を紹介します。

 

日本では5月といえばゴールデンウイークという長い連休を連想する方が多いと思いますが、残念ながら韓国にはそういうものはありません。それで韓国には5月といえば休暇より、「家庭の月」というイメージを浮かぶ人が多いです。その理由は、5月に家族の絆を固く結び直すための「子供の日」、「親の日」、「先生の日」、「成年の日」があるからです。

それでは、まず各名称の韓国語表現を学びましょう。「家庭の月」は가정의 달、「子供の日」は어린이날、「親の日」は어버이날、「先生の日」は스승의 날、「成年の日」は성년의 날と言います。応用すると、

「5月は家庭の月です」という意味は

5월은 가정의 달입니다.

「家庭の月には家族と一緒に時間を過ごして愛を伝えましょう」という意味は

가정의 달에는 가족과 함께 시간을 보내며 사랑을 전합시다.

と言えます。

 

日本と同じく어린이날は5月5日ですが、韓国には日本のような鯉のぼりをあげる風習はありません。この日に韓国の普通の家庭では家族みんなでテーマパークや動物園、映画館などに行ったり、特別なレストランで外食をしたり、子供におもちゃとかのプレゼントをしたりします。

어버이날は5月8日です。日本には「母の日」、「父の日」と別々に記念日がありますが、韓国にはお父さんとお母さんを合わせて記念する「親の日」があります。 伝統的にこの日には両親にカーネーションで感謝の気持ちを示します。ですからこの時期の韓国の街では胸にカーネーションをさして、誇らしげな表情をしているお母さん、お父さんの姿が見られます。

스승의 날の5月15日は先生や恩師の教えと愛情のある指導に対して感謝の意を示す日です。스승의 날といっても先生にプレゼントするのは法律的に禁止されています。それで普通はクラスみんなで手紙を書いたり「師の恩」という歌を合唱したりします。

성년의 날は毎年5月の第3月曜日です。今年には5月21日になりますね。日本の「成人の日」と同じく祝日ではないんですが、親しい友達や恋人、あるいは家族と一緒に成人とてしの新たなすたスタートを祝います。ただ一つ、基準となる年齢がちょっと違います。韓国では満19歳から成年として扱われます。

それでは、こんな特別な日に使われる韓国語表現を紹介します。

「今週の어린이날には何をするつもりなの?」という意味は

이번 주 어린이날에는 뭐 할거야?

「家族でロッテワールドに行く」という意味は

가족끼리 롯데월드에 갈거야.

「어버이날はお父さんとお母さんに感謝の気持ちを示す日です」という意味は

어버이날은 아버지와 어머니께 감사의 마음을 표하는 날입니다.

「まだ어버이날のプレゼントを選べていないんです。何か勧めてください」という意味は

아직 어버이날 선물을 정하지 못했어요. 뭔가 추천해 주세요.

「스승의 날には師の恩という歌を歌います」という意味は

스승의 날에는 스승의 은혜라는 노래를 부릅니다.

などと話せます。

 

もうすぐ家庭の月になります。この機会に家族に対して感謝と愛情の気持ちを示す暖かい言葉を伝えるのはどうでしょうか。高いプレゼントじゃなくて、真心のこもった一言なら充分だと思います。

今日の韓国語教室はここまでです。また会いましょう!

By Eleel Jo 2018/5/2