寒さ(추위)に関する韓国語表現(音声付き)

「寒さ」を表す多な表現

この頃、韓国は大変寒い天気が続いています。

外に出ると自然に「ああ~、寒い~」と言うようになります。

今回は「寒さ」を表す多様な表現を勉強してみましょう。

普通は「寒い」という意味の춥다というときが多いです。

もっと寒いときには「本に寒い」という意味の「진짜 춥다と話しますが、

この頃のように我慢できないくらいひどく寒い時には、次のように話します。

話し言葉では

「寒過ぎる」という意味の너무 추워」

「風がきつい」という意味の바람 끝이 진짜 매워」

「身を切るような寒風が吹きすさんでいる」という意味の칼바람이 쌩쌩 불고 있어」

「寒さで歯の根が合わない」という意味の추워서 이가 딱딱 부딪쳐」

「寒さでぶるぶると震える」という意味の추워서 덜덜 떨려」

「凍り付きそう」という意味の꽁꽁 얼 것 같아」

「凍って死にそう」という意味の얼어 죽겠다」

 「体の芯まで寒い」という意味の뼛속까지 추워」

書き言葉では

「厳しい寒さが吹きすさぶ」という意味の강추위가 몰아친다」

「雪の降るひどく寒い冬である」という意味の엄동설한이다」

「寒波が押し寄せる」という意味の한파가 밀려온다」

「冬将軍が猛威を振るう」という意味の「동장군이 기승을 부린다」

等々があります。

 

最後に、これはちょっと冗談交じりの話ですが、田舎のおじいちゃんのうち、たまに고추 떨어지겠다という方もいます。

 「고추は野菜の唐辛子のことで 、直訳すれば「唐辛子が落ちそう」ということですね。

どういう意味かは皆さんの想像にお任せします。

でも、くれぐれもビジネスの場面とか初対面の方や年上の方の前では口にしないようにしてくださいよ。

307326_739823_1717

썰매

皆さんは、体の芯まで凍り付きそうなこの冬、寒さを克服する自分だけの秘訣がありますか。

여러분은 뼛속까지 얼 것 같은 이 겨울, 추위를 이기는 자신만의 비결이 있습니까?

私の場合は、できる限り暖かい布団から出ないことにしています。

제 경우에는 될 수 있는 한 따뜻한 이불 밖으로 나가지 않으려고 합니다.

だが、冬休みを楽しんでいる息子がいて、なかなかそんな幸せな時間は来ないんですよね。

하지만 겨울 방학을 맞은 아들이 있어 좀처럼 그런 행복한 시간은 오지 않네요.

この前、大雪が降った日には近くにある公園にそり滑りに行きました。

얼마 전 눈이 많이 온 날에는 근처에 있는 공원에 썰매를 타러 갔습니다.

零下12度の歯の根が合わない寒い日でしが、子供と一緒にそり滑りを楽しんでいるうち、なんと汗まで流しました。

영하 12도의 이가 딱딱 부딪치는 추운 날이었지만, 아이와 함께 썰매를 즐기는 사이 어느새 땀까지 흘렸답니다.

寒いといって家の中に閉じ込もっているより、思い切って外に出でみるのもいいなと思いました。

춥다고 집 안에 틀어박혀 있기 보다 과감하게 밖에 나가보는 것도 좋구나 생각했답니다.

 

今日は、これで終わりにします。

皆さま、寒い冬お元気でお過ごしください。